1. 無料アクセス解析
  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以心伝心 (ギフトトラップ)

  1. 2012/01/03(火) 21:41:36|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
gifttrap_001

ちょっと気になったので購入したシロモノで、相方の実家にてためしにプレイしてみました。






続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム


ドミニオン到着

  1. 2011/10/29(土) 21:29:59|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
DOMINION_B_001

ついでにカードスリーブもユーロサイズを購入したのですが、カードスリーブに入れるとケースに入らなくなるので現在保留中。
ダイソーなどの百均で手ごろなケースが手に入る可能性もあるようなので、サイズを測った上で探しに行ってみますか。

それはそうと、東方ドミニオンと本家ドミニオン基本を比較した場合、東方ドミニオンは適度に面白いカードが入っているのが分かりますね。
「グングニル」とか「フランドール」とか「ルーミア」とか。
今になって思ったのだけれど、本家よりも東方ドミニオンの方がイラストも綺麗だしウケがいいのでは?と思えてきました。

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム


カードボックス (東方祀爭録 ~東方紅魔郷編~)

  1. 2011/10/24(月) 21:00:17|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
CARDBOX_001

カードスリーブに入れた状態で1000枚収納可能というボックスを購入。
・・・なんだけど東方祀爭録の仕切り用の紙が入らないため、仕切り用の紙を工作する必要があります。
あとはかなり余裕があるため、別のカードゲームを入れています。

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム


クワークル購入 (クワークル (Qwirkle))

  1. 2011/10/23(日) 20:48:14|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ゲームの存在自体はかなり前から知っていたのですが、ドミニオンで電源不要系のゲームの熱が出たのでつい買いました。
あとはこのゲームをプレイできる場の確保だな。
見かけはセット!(SET!)に似たイメージを持っていますが、こちらは初心者~上級者と幅広く受け入れられそうな感じです。

クワークル (Qwirkle)
Qwirkle_001

ちなみに日本語ルールが書いてないヤツ購入しました。
いや、安かったし。
多分ルールも単純だと思ったし。


Qwirkle_002
上が内容物。
色6種、形6種、計36種のタイルがそれぞれ3枚ずつあります。合計108枚。

これをプレイヤーは属性(色or形)が同じタイルを一列に接続して得点を稼ぎ、最終的に得点が多い方が勝者になります。

開始時
1.全員に袋から6枚のタイルを引く。
2.属性(色or形)が同じ組み合わせのタイルの枚数が多い人が先攻。
 (ただし、その中に色形とも同一のタイルがあればこれを含まない)

プレイ内容
プレイヤーは以下のいずれかの行動をとります。
1.自分のタイルのうち1枚を場のタイルに接続して配置する。
 その後1枚のタイルを引く。
配置時のルール
・つながった一列のタイルは必ず同じ属性(色or形)でなければならない。
・つながった一列のタイルには色形とも同一のタイルがあってはならない。
(つまり、一列につながったタイルは最大6つまでしか配置できない)

2.自分のタイルのうち同一属性の2~6枚を場のタイルに接続して配置する。
 (配置時のルールは1.に準じる)
 またその際自分の出したタイルは一直線に並ばなければならない。
 (ただし必ずしも互いに接する必要はない=既存のタイルの両端に接続してもよい)
 その後配置した分のタイルを引く。
3.場に配置する代わりに自分のタイルの何枚かを袋に戻し、同じ数だけ引く。

場に接続して配置した時点で接続した列の枚数の分を得点と得る。
ここで接続した列が複数ある場合は、その全ての列で累計する。
さらに列の最大枚数6枚目を出していた場合はボーナスとしてプラス6点を得る。
これを繰り返して、タイルの手持ちがなくなったプレイヤーが出た時点で終了。
(そのプレイヤーは6点を得る)

以上ですね。
いや~、英語のテストでは下から数えた方が早いほど点数が悪い私でも訳することができましたよ。(笑)
(ちなみに、ここが違うという指摘があればぜひお願いします

タイルの枚数が108枚あることもあり、ゲームが進むと場の縦横の面積も半端でなくなってくるようですね。
しかもタイル自体のサイズは縦横32ミリ。
それが25個ほど並ぶことになるから、全長80センチほどに。
まったくどこのジグソーパズルですか。(笑)
そういうことで今回は自分自身への覚書程度に。
いずれこれをプレイする場があれば、「その後」ということで紹介します。

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム


この商品は拡張セットです。単独ではプレイできません。 (ドミニオン拡張セット)

  1. 2011/10/16(日) 21:43:56|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
DOMINION_001

しかし、買ってしまいました!

基本セットは今月中には発売とのことで、それが来たら一応一通りプレイできる環境が整いますね。
あとは、「陰謀」がきたら一息つくでしょうが、それ以上に問題なのは59×91という中途半端なカードサイズ。
カードスリーブで対応するサイズがないですよ・・・。



今日の午後、東方ドミニオンで6連戦やっていたけど疲れた~~~~~。

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム


カードスリーブまとめ買い! (東方祀爭録 ~東方紅魔郷編~)

  1. 2011/10/09(日) 19:54:55|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
TOHOSHISOROKU_002

あ~~~、背景の箱を見て誤解することなきように。

別に30個まとめ買いしたわけじゃないですよ。(笑)




買ったのはだいたい20個ほど。

せっかく割引してくれるんだし、送料分をチャラにできるほどと考えたらつい・・・ね。


・・・


さあ、そこのあなた。

今「五十歩百歩」と心の中で言いましたね?


では、これから500枚分の袋詰め作業を開始しますか。


テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム


「東方祀爭録」買ってしまいました!

  1. 2011/10/07(金) 23:23:53|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
TOHOSHISOROKU_001

やっぱりというか、、、
買ってしまいました。
だって面白かったんですもの。
初心者にルールが説明しやすい上、ゲームの重要な要素であるアクションカードが毎回入れ替わるため、そのたびごとにプレイの様相が一新されるので面白いと思ったんですよね。
本当はここで開封すべきなのでしょうが。
カードを傷めないようにスリーブで保護するという話も聞くのでここは我慢、我慢。


関連記事
・東方ドミニオンをプレイしてみた。 (東方祀爭録 ~東方紅魔郷編~)

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム


東方ドミニオンをプレイしてみた。 (東方祀爭録 ~東方紅魔郷編~)

  1. 2011/10/01(土) 22:09:45|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
TOHOdominion_001
TOHOdominion_002

今日、「東方祀爭録 ~東方紅魔郷編~」を見せてもらいプレイしてみました。
一見したところは一般に出回っているカードゲーム。
そして「東方」の名を冠しています。
しかし、中身は全くの別物。
「ドミニオン」という名の海外のカードゲームのルールを採用しています。
さらに遊戯王やヴァンガードのようにより多くの種類を揃えるためにカードを買うということもなく、トランプや6ニムトのように1セットで買うことでプレイするカードを揃えることができます。
つまりバリバリオーソドックスなカードゲーム。
基本的には、毎回自分の山札から引いてくる5枚の手札を使い場にあるカードを収集し、最終的には勝利ポイントを競うというもの。
人のプレイのマネをしながらやってみたけど、なかなかに面白いゲームですね。
収集した札から毎回ランダムに引いた「5枚のカードしか使えない」という縛りがあるため、場にあるカードを効率よく収集するためにどのようなカードを手に入れなければいけないかという戦略が問われるというところがいいのです。
またいつかプレイしてみたいものですね。




テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム


TWIXT

  1. 2010/02/03(水) 21:45:21|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
TWIXT_001

まだ遊んでないのですが、手に入れた記念撮影としてパチリ。
将棋や囲碁のようにボード上で対戦するアブストラクトタイプのゲーム「TWIXT」です。
作者は「ガイスター」「はげたかのえじき」「DOMEMO」でおなじみのAlex Randolph 氏です。
かなり以前からこのゲームの存在を知っていたのですが、最近パズル懇話会の記事に載っていたのでつい欲しくなりました。
現在は絶版状態なのですが、もともとかなりメジャー(作者もゲームも)なため、オークションで手に入れることもさほど難しくないようです。
そもそも、このゲームのプロブレムがネット上で公開されているあたり、将棋や囲碁、チェスを除く通常のボードゲームではまずありえないことなのですから。
私的にも、この種の囲碁や五目並べを連想させるタイプのゲームは大好きなので楽しみですね。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


まさか生産中止になっていたとは…… (けん玉 夢元)

  1. 2010/02/02(火) 21:50:47|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
mugen_002

かなり前に記事に書いていたけん玉の『夢元』です。
これの購入時にこのワインレッドが気に入って購入し、その後材料不足ということで入荷予定不明となっていたのは知っていたのですが……。
まさか、本当にそのまま生産中止になっていたとは。
ふと思い立って、昨日『夢元』で検索し、そこで初めてそのことを知ったのですよ。
以前ケーブルTVで観た時は製作者の熱心な製作姿勢に心底感心したので、本当に惜しいと思うのですよ。
やはりこれだけ丁寧な作りで1500円っての安かったのか、それとも材料不足なのか。
私はからくり箱やクラフト系のパズルなどが好きなのですが、同じくクラフト関係に携わる人から聞いた話では希少な材質は金銭云々の問題でなく入手ルートそのものがなく手に入らないということですし。


関連記事
・けん玉はじめてみました。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


個性が出る。盛り上がる。 (熟語トランプ)

  1. 2009/04/04(土) 01:49:27|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
すごろくやのブログで紹介されていたので買った熟語トランプです。
左の裏が黄色い方が初級編、右のピンクの方が上級編です。
初級上級の区別があっても漢字自体は小学生で習う漢字です。
普通にトランプとしても遊べますが、書いている漢字で神経衰弱七並べなどを楽しむことができます。

購入元:近くのおもちゃ屋
作:居椿 善久
jukugotrump_001

つい最近相方の実家に行った時これを持っていったのですが、その際熟語神経衰弱をやってみました。
これが予想外に盛り上がる。
適当にやっても熟語ができるけど、他の人が開いたカードでできたり、逆に熟語を作ろうとしても肝心のカードを先に取られたり、他の人が全然思いつかない組み合わせを作ったりと。
人によって個性が出るのも面白いです。
記憶力がいい人、オープンになったカードから柔軟に熟語を見つける人、など。
しかも熟語を作ろうといろいろカードの配置を覚えておこうとすると、肝心な時に忘れてしまうこともあります。
最初は初級上級合わせて104枚でやったのですがさすがに枚数が多すぎたので、それ以降は片方52枚セットで楽しみました。
場合によっては初級上級から半分ずつ取り出してやるのもいいかもしれません。

多分神経衰弱が一番てっとり早く楽しめるのかも。
他のルールがあるにも関わらず、神経衰弱のみで最後まで盛り上がってしまいましたし。
他のルールでも楽しみたいですね。



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


シンプルにして奥が深く……って、あれ? (DOMEMO (ドメモ))

  1. 2009/03/25(水) 01:10:24|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
どうにも興味深いゲームを見つけたのでつい購入しました。
↓ DOMEMO (ドメモ)です。

DOMEMO_001



続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用


相方の実家にて

  1. 2009/01/03(土) 21:49:51|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
相方の実家にて「はげたかのえじき」「ラミィキューブ」「ハリガリ」をプレイしました。
「ハリガリ」に関しては以前も好評だったのですが、「はげたかのえじき」と「ラミィキューブ」については初プレイ。
「はげたかのえじき」では鬼のようにバッティングが発生して繰り越しの得点がインフレ状態になっていましたし、初プレイの「ラミィキューブ」もなかなか楽しめました。

関連記事
・日頃ボードゲームに縁がない人の方が楽しめるかも。(ハリガリ (Halli Galli))
・「The ゲームナイト」(再放送第3回) (ラミィキューブ(Rummikub))
・ランドルフ作のゲームはこのテのものが多いです。 (はげたかのえじき (HOL'S DER GEIER))

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム


ランドルフ作のゲームはこのテのものが多いです。 (はげたかのえじき (HOL'S DER GEIER))

  1. 2008/11/13(木) 21:15:22|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
※最近久々に同人誌を買いました。
 しかもまだ未プレイのゲームのキャラの同人誌を……。

geier_001
↑さて、つい最近ヤフオクで手に入れたカードゲーム「はげたかのえじき」です。
ゲームのタイトルはかなり前から知っていたのですがゲームの内容は知らず、面白そうだなと思って買おうとしたら絶版になっていました。
幸い中古扱いだたっため、ほどほど安く手に入ったのですが。

作者はアレックス・ランドルフ。
ガイスターやチャオチャオの作者です。
実はTwixt(トゥイクスト)という囲碁風のとても面白そうなアブストラクトゲームも作られているらしいのですが。


続きを読む

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム


「The ゲームナイト」(再放送第3回) (ラミィキューブ(Rummikub))

  1. 2008/10/26(日) 00:33:32|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
先々週からアンコール放送と銘打って13回分を再放送している「The ゲームナイト」。
第1回目の「キャッシュ&ガンズ」も面白かったけど、今回の「ラミィキューブ」も面白かった。
第2回目のマンハッタンは見逃していました……。

というか、もろ好みのゲームですよ!

ゲームの内容を簡単に説明すれば、場の役の組み換え自由度が高いセブンブリッジと言うべきか。
(↑場の役を崩して組み替えることが可能なのです)
プレイヤーによるかもしれないけど、神懸かった組み換えで一瞬のうちに手札を消化することが可能だってあたり、とても面白そう。
ひらめき、パズル的な要素がかなり強く、一度プレイしてみたいボードゲームですね。


テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム


「The ゲームナイト」(第11回&第12回)

  1. 2008/09/17(水) 23:00:27|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
最近ボードゲームに凝り始め、ヒトのところにゲームを持ち込んでは楽しむようになっています。
シミュレーションゲームのようにルールは複雑でなく、ロールプレイのようにゲームマスターに負担がかからないのがいいんだろうね。
(もちろん複雑なルールのゲームもあるんだろうけど)
基本的にインスト(「説明」の意らしい)が比較的容易な分、持ち込む側もプレイする側も負担が減るし、ゲームを手軽にできる分、誰にでもお勧めできますしね。
(もしこれであまり面白くなくても損したというほどの気分にもならない)

その関係で最近日テレBSの「The ゲームナイト」って番組を観るようになったのですよ。
この「The ゲームナイト」って番組。
簡単に言えば、時間枠の中で出演者たちがボードゲームを楽しむって番組なのですが、その出演者たちがわいわい会話しながら、妙な駆け引きを駆使するあたりがとても楽しいのですよ。


続きを読む

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム


たった6つのダイスにドラマあり。 (グリード (GREED))

  1. 2008/09/12(金) 22:02:41|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
グリード …… 貪欲、強欲
鋼錬でおなじみの名前。こいつ結構好きだなあ。

ということで↓はボード(?)ゲーム、グレード(GREED)です。
GREED_001
ちなみに(?)を付けたのは、このゲームにボードなどがなく6つの特殊なダイスのみで構成されているからです。
元々は旧くからのシミュレーションファンにおなじみのアバロンヒル社で発売されており、現在ではTDCで発売されています。

このゲームのやりかたは簡単で、手持ちのダイスを振ってその目で「役」を作っていくだけ。
その「役」が特殊なほど得点が上がり、振って「役」ができる度に得点が加算されていきます。
ただし1回振るたびに「役」が完成したダイスを差し引き、次からは残ったダイスのみを振らなければいけません。
当然ダイスの数が少なくなる分「役」を作るのが難しくなります。
しかも振ったダイスで「役」ができなければ即アウト。その回で得た得点は0になります。
(それを避けるため振る前に降りることもできます)
典型的なバースト(破滅)系のゲームです。

少なくなったダイスで「役」ができることを信じて振るか、手持ちの得点で満足して降りるか。
欲に従うことが吉と出るか凶と出るか、まさに神ですらわからない。
分の悪い賭けほど燃えてきて、しかも分が悪すぎない分やってみようと欲を出してしまう。
ビールでも飲んでお気楽なギャンブル気分(気分だけ!)で楽しむにはいいかもしれませんね。

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム


ダイス目は心から! (ヘックメック (Heckmeck))

  1. 2008/08/30(土) 18:46:11|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ちょっと人のところにゲームを持ち込んで遊んでみました。

ゲーム名はヘックメック (Heckmeck)。(ゲーム紹介はここから)
伊集院光さんもお勧めのゲームだそうです。いや、彼のファンだというわけではありませんが。
heckmeck_001

有体に言えば、いもむしを掛け金にして遊ぶダイスギャンブルです。
一応ダイス目が大きければ勝つことができるのですが、そこはそこどのようにダイス目を確保するかってのが楽しいです。
うまくツボにハマって期待通りのダイス目が出れば「やった!」となるのですが、失敗したら「げげっ!?」となります。

たいした場所も取らずに2人から7人まで思い通りの人数でできるのがいいですね。

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム


セット! (セット (SET!))

  1. 2008/08/06(水) 00:57:35|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
今回はカードゲームの紹介。
元々は葉樹林さんの記事で見て気になっていたゲームです。

set_001
購入元:メビウス

続きを読む

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム


記憶力と思考力を総動員。 (コブレット (Gobblet!))

  1. 2008/07/30(水) 22:24:19|
  2. ゲーム(電源不要)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
最近ボードゲームに目覚めてしまい、いくつか購入してしまいました。
妙な方向に嗜好が変わりつつある「の」の字です。
とはいえ、基本はやはりパズル系か思考系。
現在、ルナロックアウトのボードゲーム版、ハイパーロボットもネット上で見かけて、購入しようかどうしようか思案中です。
自分的にはとっても好みなのですが、いかんせん一緒に楽しめる人間が集められるかどうかという問題があるのです。
こういうのを楽しめる人間が4人はいないとつらいものがありますしね。

そういうことで、ボードゲームの紹介。
gobblet_001
↑基本は四目並べのボードゲーム、「ゴブレット」です。

続きを読む

テーマ:ボードゲーム - ジャンル:ゲーム


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。