1. 無料アクセス解析
  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数学パズル チャレンジ超問120

  1. 2014/10/27(月) 21:25:58|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
著:小谷善行
noppblog20141027_001noppblog20141027_002

小谷善行さんのパズルだと聞いて、早速購入。
小難しく手間暇かけるというより、ある程度直観でも解けるパズルが多いので、面倒くさがり屋でもおすすめ。(おい)


スポンサーサイト

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


立体面積迷路100問目クリアしました

  1. 2014/05/10(土) 03:40:03|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
前回ブログに書いてから日が経ちましたが、立体面積迷路なんとか100問目までクリアしました。

結論から言うと、結構やりがいがありましたね。
面積迷路は第4集まで出ていたわけですけど、3集目以降は問題の傾向が似たようなものになって、いまいち冗長なものになっていました。
しかしこれが「立体」という形になったことで選択肢の幅が広がり、思いのほか問題を難しくしてくれました。
「面積迷路は簡単だった」という人も少しは悩む仕様になっていると思います。

ただ、できれば面積迷路を第4集まで出すより、もっと早い段階でこれを出してほしかったなあと思いましたね。



テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


立体面積迷路

  1. 2014/04/08(火) 22:38:05|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
桜が咲いてきました。
しかも今日は暖かかったので、帰宅がてら桜を眺めるのもよかったですね。

立体面積迷路
著:村上綾一
パズル出題:稲葉直貴

noppblog20140408_001

基本、面積迷路の発展版なんだけど、お気楽に楽しめます。
毎度のことだけど、最初の50問ほどすっ飛ばして残りの50問やっているんだけどね。
簡単な問題を解くの面倒だし。




関連記事
・「さあ、手抜きの時間(パズルタイム)のはじまりだ!」 (面積迷路)
・面積迷路 第3集
・面積迷路 第4集

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


箱詰めパズル ポリオミノの宇宙

  1. 2014/04/06(日) 13:31:32|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
もう少し暖かくならないものかねえ。

箱詰めパズル 箱詰めパズル
著 :ソロモン・ゴロム
翻訳:川辺治之

PORIOMINO_BOOK_001

発売間近ですが、内容が楽しみなので記事として書いておきます。

ポリオミノとは正方形を1単位としてつなぎ合わせた形のピースのこと。
そのポリオミノを複数種枠に詰め込むのをポリオミノパズルというのですが、それをメインとした本。
こういうポリオミノ系をメインとしたパズルはメカニカルパズルの中ではかなりのウェイトを占めています。
特に関西系では「ロンポス」や「ペントミノ」が売れていると聞きますしね。
キャストパズルと違った意味で気長に楽しむパズル、これを機に楽しんでみるのもいいかもしれません。






テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


面積迷路 第4集

  1. 2013/08/31(土) 20:25:11|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
ニンジャスレイヤーがないかなと思って本屋に行ったが、最新刊あたりしか見つからず。
そこでそういえば第4集がでるころかなということを思い出して、早速ゲットしてきました。

mensekimeiro4_001

早速61~99問まで解く。
第4集までくるとネタ切れになるかなと心配していたけれど、たぶん大丈夫。
解くのに悩みましたから。
その分複雑になっているかも。
96問目など補助線使って解けるのか?
面倒なのでさっさと計算して解きましたよ。
そして100問目は解けていない。



テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


面積迷路 第3集

  1. 2013/02/02(土) 18:59:25|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
本日、
「そういえば、面積パズルを買っていなかったな」
と思い立って本屋に行き、
帰りには下の本を買っていました。
ちなみに、「面積パズル」の方は売り切れていました。
念のため。

mensekimeiro3_001

第1集、第2集とともに気軽に楽しめるのがいいのです。
そして第3集になっているにもかかわらず、こういう限定された問題形式であるにもかかわらず、ネタ切れになるわけでなく、終盤の問題もひねりがきいています。





テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


「さあ、手抜きの時間(パズルタイム)のはじまりだ!」 (面積迷路)

  1. 2012/11/17(土) 11:49:30|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2
以前からあちらこちらのブログで見かけた面積迷路を買ってきました。

mensekimeiro2_001


「面積」? 「迷路」?

この2つの単語に一見つながりがないのでびっくりするタイトルですが、実際問題を解いてみると、どこが迷路なのかわかると思います。

mensekimeiro2_002

表紙の問題はこんな具合。
赤の?の部分、縦も横も長さが出ていないのに面積が出せるのか?
と疑問に思うかもしれませんが、実際やってみると出せます。

面積の計算の仕方は自由。

極端な話、各辺の長さを全て出して、少しずつ詰めていけば答えは出ます。
しかし、やがて気づくでしょう。

「別に全部の辺の長さを出さなくてもいいじゃん。
面積さえ出せればいいんだろ」


と、まるで迷路を右手をついて壁伝いにしらみつぶしに時間をかけて制覇するところから、全体の俯瞰図を見て最短距離を導き出す方向に進化するように。

そういう「手抜き」をぜひ味わってほしい本です。


(追記)
 ざっと見、80問目までは暗算でなんとかなりました。

(追記の追記)
 現在85問目。
 パズル性がより高まって面白い問題がそろっています。
 どうやら全問暗算でできそう。
 お気楽に電車の中でながめながら時間つぶし風に楽しめそうなので、1巻目も購入しました。

mensekimeiro2_003




テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


Play Puzzle パズルの百科 全3巻 (高木茂男 著) 購入

  1. 2012/09/25(火) 01:41:33|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
PlayPuzzle123_001
1981~1986にかけて全3巻出版された本。
多分当時見かけているはずなのだけれど、当時はペンシルパズルに興味があったことと、何より学生で金がなかったためメカニカルパズルは高根の花だった理由で、(見ても仕方なかったため)ちらっとしか読んでいなかったのかもしれません。
しかしその割には今読むと懐かしさが先に立つのはなぜだろう。

1巻目は私的になじみが深い古典的なパズルであるのに対し、
2巻目は当時としては比較的新しいパズルやパズル系のボードゲームの類の紹介。
4年ほど間をおいた3巻目では、当時として最新のパズルに分類されるからくり箱やキャストパズル、あべみのるさんのスライディングパズルが紹介されています。




テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


Play Puzzle パズルの百科 全3巻 (高木茂男 著)

  1. 2012/07/25(水) 22:07:12|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
今日は寒かった~~!!

いえ、世間一般では真夏日なんでしょうけど、あいにく私は室内の作業が大半。
おまけに冷房の送風口にいるものだから、冷気をもろに受けてしまう。
周囲の人間は「27度設定でまわりがこんなに熱いのにここだけ25度ってウソだろ」とかいうけれど、

だったら代わってやろうかと!!

気温は25度でももろに風があたっている上に湿度は70%超えだから、体感温度はおそらく20度くらい。
寒いのなんの。
ひざ掛けは必須。
しかし、こぼすと周囲の電子機器が壊れるため、温かい飲み物は禁止。(←これは自業自得ですが)
おまけに指先は冷たくなるし、偏頭痛は襲ってくるし、午後はほとんど仕事にならんかったよ。
早々に帰宅したはいいけど、頭痛で動けないやら、眠れないやらで最悪です。
明日は重装備で着込むか、場所を入れ替わるかしてやろうかしらん。


さて、復刊ドットコムで一部話題になっていた「Play Puzzle パズルの百科 全3巻」がAmazonで予約開始していました!
復刊ドットコムでは「着全額払い」か「カード」かってことになっていたので、どうしようかと悩んでいたのですが、早速予約しました。

playpuzzleh1_blog




今から9月が楽しみです。

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


The Big, Big, Big Book of Brainteasers

  1. 2012/04/30(月) 17:16:21|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
以前、葉樹林さんのところで見かけたため興味をひかれたので買った本。

Bookofteasers_001

中身がカラフルで一見で普通に興味を引くには十分です。
サイズの割には値段も手ごろですし。
私は英語が苦手なので辞書がないと読めないのですが。(汗)




テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


ごく普通の休日 (パズルの回帰線 PUZZLART)

  1. 2010/08/29(日) 21:08:24|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
本日はトリトで10週年記念セールが開催されていたそうですが、今回は待機モード。
その代り、昨日今日は片付けに専念していました。
出費もさることながら周辺の整理も緊急課題になりつつあるので。
そういうことで今回はごく普通の休日でした。

PUZZLART_001

↑つい最近購入した「パズルの回帰線 PUZZLART」。
出版は1993年とかなり古いのですが、ニコリの波書房の出版だったのを覚えていたので、懐かしさから購入しました。
仔馬パズルやら駐車場パズル(ラッシュアワー)は定番ですが、東洋ガラスのパズル(現「あんたうめ~ね!」「カットパイ~ン」)等のネタが面白かったです。
特に「あんたうめ~ね!」のガラスの容器は元々動物型のグラスのクマの頭の部分というあたりだったのいうところなどは、今現在同パズルが「キャンディポットパズル くまのプーさん」へと引き継がれていることを考えると感慨深いものがあります。


PUZZLART_002
PUZZLART_003

「パズルの回帰線 PUZZLART」に載っていたチェッカーパズルに挑戦しています。
「ナミの頭ならだれでもできる」……とは言っても、簡単だとは書いていない。(苦笑)
7解と書いてあるからにはそこそこ難しかろう。





テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


パズラボ帖4

  1. 2010/04/07(水) 16:43:39|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:1
購入元:PUZZLAB

puzzlabcho4_001

久方ぶりのパズラボ帖です。
今回のお題は収集家さん。
ハウスブロックのKozyさんや高島さん、たに~さん、あきれるほどの数字コレクターな細矢さんが紹介されています。
いずれも私みたいな不真面目コレクター(……というかコレクターじゃないし、多分)から見るとスゴイ方々ばかりです。


関連記事
・パズラボ帖0
・パズラボ帖 創刊号
・パズラボ帖2
・パズラボ帖3

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


「数独はなぜ世界でヒットしたか」

  1. 2010/04/03(土) 20:51:28|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
著:鍛冶真起

SUDOKUbook_001

完全に出遅れましたが、「パズルとおもちゃ ちょっといいもの」で記事があったので買った本です。
鍛冶真起さんはニコリの社長さん。
タイトルこそ「数独はなぜ世界でヒットしたか」となっていますが、内容はニコリ発足から現在に至るまでのエピソードや雑記などは2、3ページ単位で書きつづられているものです。
鍛冶真起の人となり、パズルというコミュニティや、数独が受け入れられるきっかけになったエピソードなど、内容はちょいと真面目なんだけど、鯱張らずに読むことができます。

私自身はニコリの購入歴は長い(というかほとんど初期のころから)けど、ニコリストは購入していない上にあまりまじめに解いていない不良読者。(苦笑)
これを機にニコリクラブに入ってみようかな。



テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


めからかいこうせん

  1. 2010/01/08(金) 19:34:55|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
購入元:近くの書店
作:もうひとつの研究所

kaikousen_001

店頭にあったのが目にとまったので手に取ってみたところ意外に楽しかったので、その中でもこの2冊を購入。
いわゆるパラパラ漫画。
「ばくだんむし」もいいけれど、「めからかいこうせん」は本当に「かいこうせん」になっているからびっくりです。
お手軽にポケットに入るサイズなので、明日から持ち歩いて人に見せて回ろう。



テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


ボードパズル読本

  1. 2009/12/26(土) 23:32:20|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
著:秋山久義
boadpuzzlebook_001

内容がとても濃い本なので、とても一言では書けません。
ですが、すごくおすすめ。
この本に載っている例題的な作品を自前で駒とボードを用意して遊ぶだけでも、かなり楽しめると思います。
そういう意味ではかなりコストパフォーマンスが高いです。(笑)
もしかすると、このテのボードパズルというのは、他のどのメカニカルパズルよりも手軽に遊べる分一般になじみ深いのかもしれませんね。



テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


パズラボ帖3

  1. 2009/08/08(土) 21:14:15|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2
購入元:PUZZLAB

puzzlabcho3_001

最近ジグソーパズルにかまけてすっかり遅れましたが、「パズラボ帖3」です。
今回のお題はペンシルパズル&メカニカルパズル。
元来ペンシルパズルの領域に属している私にしてみれば、かなり魅力的なお題です。
お題がお題だけに文章比率が高いですが、今回は特に充分満足できる内容でした。

そういえば私はメカニカルパズルの中でも移動系のパズルは特に苦手なんだよな。
そういう意味でも私はペンシルパズル系なのかもしれません。


関連記事
・パズラボ帖0
・パズラボ帖 創刊号
・パズラボ帖2

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


葉樹林日記(CD-ROM)

  1. 2009/08/05(水) 21:14:23|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
最近ジグソーパズルネタが多かったですが、とりあえず2、3級の検定課題を解いたので、徐々に通常モードに移行したいと思います。

さて、、、


puzzlein_diary_001

葉樹林さんのところで毎日日記を更新しています。
これはそれのうちの2002年9月から2008年9月の分。
このジャンルでは新参者の私にとって、貴重な情報の数々です。
過去に発表されたさまざまなパズルや市販のジャンク品。
他のパズル作家さんたちとの交流。
葉樹林さんのところで実際にあったパズルに関するエピソードなど。
とてもうれしい限りです。

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


ボイドキューブ完全攻略公式ガイドブック

  1. 2009/04/09(木) 00:24:23|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
hon20090408_001

↑本屋に売っていなかったので、注文。
竹本泉さんの猫のコミックやわかつきめぐみさんのコミックも同時購入。
別に攻略本がなくても揃えるのには不便がなかったのですが、フロッピーキューブやピラミンクスの解説もあります。
ボイドキューブについてはエッジキューブの交換などの手筋が書いてありますね。
しかし、ボイドキューブの値段が元の状態に戻りましたねえ。
一時期は400円台まで下がっていたのにね。(笑)



関連記事
・虚ろな箱 (ボイドキューブ (Void Cube))

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


パズラボ帖2

  1. 2009/04/04(土) 22:57:35|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
購入元:PUZZLE of MINE * WEB-SHOP

puzzlabcho2_001
当然、PUZZLABでも購入可能ですよ。

PUZZLABで年3回の予定で発行されるそうです。
今回のテーマは山中組木。

そいうことで、手元にある組木を並べて写真を撮ったのだけど、影のせいでかなり写真写りが悪いです。


(2009/04/05 関係ない追記)
うちのブログを検索している語句に「51本組み木の組み方」というのを発見しました。
この人、真面目に51本組み木をバラしたのでしょうか?
……多分バラしたんでしょうね。
無茶ですって……、いきなりバラして再度組み上げるなんて。

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


ジグソーパズルのうんちく本。 (ジグソーパズル入門)

  1. 2009/02/08(日) 21:15:16|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
本日、キャストパズル メダルを探していたところ。
偶然紀伊国屋で見つけたの購入しました。
↓「ジグソーパズル入門」(発行 やのまん)です。
jigsawpuzzle_nyumon_001
ジグソーパズルを知らない人でも軽く読めます。
前半はジグソーに関する簡単なうんちく。
後半は簡単なジグソーパズルのやり方。購入に関しての注意点などですね。
ジグソーパズルに関してはいきなり難しいものを購入して挫折したという話も聞きますので(以前の赤富士の場合も初心者がいきなり挑戦して挫折しているわけですし)、こういう本もあったらいいでしょうね。
所蔵しておくというよりは、かる~い気持ちで広くみんなに読んで欲しい本です。

ただなあ。
一つ苦言を呈するならば、1000ピースを6~12時間ていうのはかなりやり慣れている人間のレベルでしょ。(苦笑)


テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。