FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

レギオン襲来!? (特撮リボルテック№32 レギオン)

  1. 2011/08/27(土) 14:37:01|
  2. フィギュア&プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
エイリアンクイーンが発売された時から、いつかは来るものだと思っていましたが、とうとうきました!

Legion_001

レギオン襲来です!
正確にはマザーレギオンですね。
いわばエイリアン2のエイリアンクイーンみたいなもの。
ただしスケールは段違いですが。




いや~、ツボですよ、ツボ!

頑丈な外骨格に身を包み、ワサワサと波打つ10本の触手は虫嫌いの嫌悪感を喚起する。
しかも肉弾戦のときは、尻尾に当たる部分の凶悪で巨大な鎌状のかぎ爪で襲いかかる。
しかし、こいつの恐ろしさはそれではない。
その本体はケイ素で構成され、10本の触手でバリアを展開し、くちばしの電磁砲で敵をなぎ払ういう凶悪な戦闘スタイル。
そしてそのデザインも「機能美」という甘いものを持たず、ただただ電磁波による攻撃と防御という「機能」にのみ特化しているという徹底さ。
本当にそそります。
ガメラ2版のガメラも発売されるということだけど、並べるとどのようになるか楽しみですね。


↓「ガメラ2 レギオン襲来」です。怪獣映画の中では最高の作品ですね。




(追記)
海洋堂のHPにレギオンのコラムが追加になりました。
http://tokusatsurevoltech.com/series032/


関連記事
・特撮リボルテック レギオン フィギュアレビュー


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:フィギュア - ジャンル:趣味・実用


制限が多いということと難しいというのはイコールではない。 (Equal7 (イコール7))

  1. 2011/08/27(土) 00:25:05|
  2. パズル(総合)
  3. 移動パズル
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:3
作:Vladimir Krasnoukhov
購入元:トリト

Equal7_001

2×2×2のケースに0~5の目のダイス7個が収められています。
この立方体を移動させて最終的に6つの面の目の合計値を同じにすることが目的。
傾けるだけで中の立方体がすーっと移動してくれるので、操作性がすごくいいです。
一応、目の位置さえ把握してしまえば、全面の合計を7にするのはそれほど難しくはない……はず。
とりあえず最初に目の合計値を7にすることはできました。
さて全面の合計を10、11、12にできるでしょうか。
(↑まだ、できていない・・・。)

(追記)
……と書いたけれど、意外にすんなりできました。
立体になっているけど、基本は普通のスライディングパズルですから。
手軽に楽しめるのでとてもいい感じです。
ただ、このパズルの解よりも不思議なのは、必ず一方の目の合計と反対側の目の合計が一致してしまうこと。
一体どういう理屈なんだろう?

関連記事

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.