FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
  • 2018_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_09

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミもフタもない…… (ワールドタンクミュージアム06)

  1. 2008/09/25(木) 21:49:03|
  2. フィギュア&プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
最近になって自覚してきたんだけど、私は基本的に

第二次世界大戦時の戦車に興味がないようなんですね。

WTM_MERKABA_001
↑イスラエルのメルカバMk.3。
実戦を重ねてだんだん進化している戦車。


で、何故に一般的に戦車マニアのように興味を持たないかのか考察したところ、ある事実に行きあたる。
つまり、
私は戦争映画をまともに見たことがない。(汗)
さらに、実物大の戦車が動いている実写映像を見たことがあるかと記憶をたどってみると、まず思い当たるのは、、、
戦国自衛隊?
いや、つい最近あっただろ、
ガメラ2?

ああ、だめじゃん。(汗)
これを除くとゴジラなどの特撮の怪獣にになぎ払われる光景しか目に浮かばない。(汗×2)
それでも目に浮かぶだけまだまし。
ドイツ軍の大戦中の戦車のタイガー1やパンサーに至っては、シミュレーションゲームのコマで動かした記憶しか残っていない。

つまりあれだね。
実際、動いているところを見ていない場合、ただの骨董品と同じにしか感じないんだろうなあ。
実際動く光景を見たことがあると、フィギュアを眺めているだけで感慨深くなることもあると。
実際、現代の戦車だったら「大戦略」で動かしたしね。
(↑それって動かしたというのか?)
動いている姿があるからこそ、フィギュアが活きてくるという……
つまりこのあたり、
怪獣映画の怪獣と同じなんですね、うん。

とまあ、こういうのを「ミもフタもない」と世の中では言うのですよ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:食玩・ガチャポン - ジャンル:趣味・実用



 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。