FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
  • 2019_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2019_12

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

土下座外交再び……

  1. 2009/08/06(木) 19:37:16|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
直前に選挙に関する日記を書いた後でこんな記事を記事を見つけてしまった。(苦笑)

民主党幹事長、政権交代後は「首相の靖国参拝と内政干渉は行わない」―中国紙

もうタイトルからして異常ですよ。

・首相の靖国参拝はしない。 ←中国からの内政干渉は受ける 
・中国への内政干渉はしない。


こういう矛盾する発言を同時にできるあたり頭のネジが2、3本はずれているのではなかろうか。
相手のご機嫌伺いのために墓参りをせず、立場を悪くさせないために人殺しを見逃すってどこまで卑屈なんだよ。

そういえば国民のためといいながらアメリカと自由貿易協定(FTA)を結ぼうともしているし、日本の産業を根絶やしにするつもりか、国を滅ぼす気かこいつら。


以下記事の全文です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


2009年8月3日、民主党の岡田克也幹事長は都内で中国メディアの合同取材を受け、今月末の衆議院選挙で民主党政権が誕生すれば、首相の靖国神社公式参拝や中国への内政干渉は一切行わないと述べた。中国新聞網が伝えた。

岡田幹事長は、「民主党は結党以来、一貫して日中関係を重視してきた。鳩山由紀夫代表や小沢一郎代表代行を始めとする党幹部たちは各々の政治活動において常に日中関係重視の姿勢を示してきた」と述べ、政権交代が実現すれば日中関係はより一層発展すると強調した。同幹事長自身も年に1度は訪中しており、すでに15回の訪中歴があるという。


また、第2次大戦中のA級戦犯が祀られている靖国神社に日本の首相が公式参拝することに中国が強く反発している問題については、「A級戦犯は先の大戦の罪人だ。首相が公式参拝すべきではない」と述べ、チベット問題やウイグル問題については「中国国内の事情だ」とし、「中国への内政干渉は行うべきではない」との見解を示した。(翻訳・編集/NN)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済



 管理者にだけ表示を許可する
 



.