FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
  • 2019_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_11

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

落書きしていて解いてしまった。 (パズルギャラリー グローブボール (Puzzle Gallery GLOBE BALL))

  1. 2009/09/28(月) 20:05:03|
  2. パズル(総合)
  3. はずして組むパズル
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
購入元:トリト
作:Vesa Timonen

GlobeBall_001

原題「Tangerine」で2008年に「Puzzle Design Competition」で入賞した作品。

地球をイメージした球体を解体するパズルです。
表面の地図が描かれている第1層。青色の第2層。核となる真っ赤な第3層の3つで構成されています。
第1層と第2層のつなぎ目を合わせるのは簡単なのですが……。






最初手にとった時はにっちもさっちも行かなかったのですが、仕事中にこのパズルのイメージ画を落書きした時にふと答えが思い浮かびました。
こんなんばっかですね、私は。(笑)

GlobeBall_002

兎にも角にも内部構造がどのようになっているのかを知り、いかにしたら外れるか想像力を働かせることが重要です。
外れないときは、うんともすんとも動かないですから。


GlobeBall_003

(2009/09/29 追記)
このパズル。
普通に楽しむ分は別に第1層部分は必要ないと思うんですよね。
見栄えこそ良くなったけれど第1層部分が追加されたことで操作しづらくなったわけで、さりとてそれでパズルとして楽しくなったわけでなし。
なんとなく蛇足っぽい印象がします。
プレイアビリティって重要だと思うんだけどなあ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用



 管理者にだけ表示を許可する
 



.