FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
  • 2019_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2019_12

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

本当に喜んでいいのだろうか? (クロマグロ国際取引禁止案に関する一連の流れをみて)

  1. 2010/03/19(金) 23:16:19|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
モナコが提案したクロマグロ国際取引禁止案。
一時はアメリカ、EUが賛成。反対は日本を3か国のみで否決が難しく、このままではクロマグロが食べられなくなるのではというところまできていたところ、ふたを開けてみれば圧倒的な反対多数で否決となりました。

とまあ、ここまではいいですが。
私個人としては、今回の一連の流れを見ていて、どうしても能天気に喜ぶ気にはなれないんですよね。

確かに、日本の食文化が守られたのは喜ぶべきかもしれない。
クロマグロをあまり食べない国にとやかく言われるいわれもない。
そういうのはわかります。


しかしである。


本当に今のままでいいのだろうか。
単純に漁獲規制をするだけで大丈夫なのだろうか。
そもそも、どれだけクロマグロが減っているのか分かっているのだろうか。
単に食文化からクロマグロが消えるかもという煽りに乗せられてヒステリックになっているだけではなかろうか。


今回の件で私が素直に喜べない最大の理由は、

クロマグロが現状どれだけ減っているか全然報道されていないから

なのですよ。
どこの報道を見ても取引禁止案の賛成か反対かの話のみで、それに続いては日本の食卓からマグロが消えると大騒ぎ。
確かにマグロの流通量は半分近く減るのは間違いないけれど、なくなるわけではない。
ましてやマグロ漁そのものは禁止されるわけでもない。
……そうなんですよね。
あくまで国際的な取引を禁止しているわけで、漁獲を禁止しているわけではない。
マスコミではそこをあえて曲解してあたかもマグロ漁ができなくなるかのごとく報道してましたけどね。
そもそも「取引禁止案」の内容をきちんと報道していたところってありましたっけ?
それともう一つ問題なのは密漁に関する報道がほとんどまったくされていなかったこと。
日本がいくら漁獲制限を叫んだところで、漁獲で補えない分は結局輸入に頼るしかない。
しかも日本という金持ちがお得意さまとなれば、密漁が後を絶たない。
輸入制限という手もあるけれど、今回の一連の流れを見ると輸入制限もすんなりいくとは思えない。

どうにもね。
なにかマスコミの舌先三寸に乗せられて危険な方向に向かっているような気がしてならないんですよ。

だって今回の一連の騒動の一般的な認識って

「モナコが提案したクロマグロ国際取引禁止案が持ち上がり日本は窮地に立たされたが、奇跡的に反対多数で否決になりました。めでたしめでたし。」

って程度でしょ?

まず最初に、国際取引禁止案がでてこのままでは日本の食卓からマグロが消える漁師さんも困るとあることないことまくしたて、
次に、賛成国多数、反対は3か国のみと場を盛り上げ、
最後は、日本は多数の理解を得て反対多数で否決されましたと。

これがドラマなんかでは盛り上がること間違いなしなんだけどね。

でも所詮は3文芝居。
その内容は実に薄っぺらい。

危機感をあおるため、国際取引禁止案の内容を知らせず曲解した報道をしまくり、
実際にクロマグロの状況を知らせないため、議事の内容のみを報道して目をそらし、
大団円を提供することでお粗末な内容の報道をごまかすという狡猾さ。


実際、最初賛成多数とマスコミは報道していたのだけれど、それさえも冷静に考えれば怪しいと言わざるを得ないんですよね。
だって、日本のクロマグロ消費量の半数は輸入に頼っているんですよ?
国際取引禁止案が可決された場合、困るのは日本だけでない。
輸出している国も困るのですから、そりゃ反対票も集まるってものです。
しかも、そういう国は密漁に関わっている可能性もあるわけで。
そういう国にしてみれば、泥をかぶるのは日本で自分たちはお得意様から恩恵を授かるだけとなるわけですよ。

それでも漁獲制限、輸入制限がちゃんとできればいいんだけどね。
でもそんな簡単にはいかないよなあ、絶対。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済


  1. 2010/03/20(土) 20:50:44 |
  2. URL |
  3. うま
  4. [ 編集 ]
漁獲規制にかんしてはすでにICCATがしてるんですよね…

そこから各国に割り当てられるわけで…


で…08年をみると
ICCATのきめたその年の総漁獲量が2万8800トン
日本が輸入したマグロの量は1万8177トンにんですが…これは保存のためにエラ、内蔵やヒレなどを落としたあとの量なので

漁獲量になおすと3万922トンだそうです(笑)

あきらかに規制された漁獲総量をうわまわっています…

そう…日本は、これいじょうの価格高騰をおさえるための量を確保するために密漁マグロまで手をだしてきた

大西洋のクロマグロの80%日本行きですから…密漁品の大部分は日本が買い取っています

そのために、ICCATの漁獲規制は有名無実化してしまったわけで

ダーティーなことしといて漁獲規制や輸入量規制で大丈夫とぬかしてるわけですからね…日本は(笑)

Re: タイトルなし

  1. 2010/03/20(土) 21:01:50 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
> ダーティーなことしといて漁獲規制や輸入量規制で大丈夫とぬかしてるわけですからね…日本は(笑)

日本はというか政府業者その他マスコミですけどね。
ううむ。かなりヤバい状態ですね。
マスコミのあからさまな誘導があった時点で予想はしていたのですが…。
実際漁師さんの立場からすると輸入禁止をしたほうが競争相手が減って助かるのですが、それすらもだまくらかして輸入続行と言うのは、流通優先ということでしょうか。
これでしばらくして、心底ヤバい状況だとわかったら政府マスコミそろって「国民が食生活を見直さなかったせい」と説教たれるんでしょうね。
あ~、やだやだ。

  1. 2010/03/22(月) 22:00:41 |
  2. URL |
  3. 名無しの権兵衛
  4. [ 編集 ]
そこまで調べているのに、どうしてEU・アメリカは特別であることに気づいてないの?

残念な事に、そこに言及していないだけで、あなたの主張の価値が薄れてしまうと思うよ。

調べていない、調べていない。(苦笑)

  1. 2010/03/22(月) 22:21:57 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
記事に内容を読み直してみればわかりますが、私は別段ネットで調べたわけじゃないですよ。
普通にニュースで見たことで、
「クロマグロがどれだけ減っているか全然報道されていない」ことに関して素朴に疑問を持ち、
「国際取引禁止」と銘打っているのになぜ漁獲禁止というおかしな報道をしているかということに疑問を持っているだけなのですから。

こちらとしては、
今回の記事の内容で「EU・アメリカは特別であること」が書かれていないことがどのように残念なのか知りたいところです。
過去、EU・アメリカが何をしていようが、現状「本当にやばい状況」だったら、絶対対処が必要でしょ?
まさか、EUやアメリカのせいだからって責任転嫁するだけで何もしなければどこかの首相と同じでしょ?

何も調べていないんだなあ・・・

  1. 2010/03/23(火) 00:38:46 |
  2. URL |
  3. 名無しの権兵衛
  4. [ 編集 ]
とりあえず何が特別なのかはURLを参考に。
まさか何も調べずに感情的になって騒いでいるとは知らなかった。

記事を読んだのなら、少しは考えも変わるのではないの?

それと日本は近海の漁獲規制は行ってるし、小型のクロマグロの漁獲規制の強化も今年に入ってから行っているよ。

今回の否決はEUのダブルスタンダードが招いた結果。
自分たちは要求するだけで、何もしない。
こんな筋の通っていない話を一蹴したのが責任転嫁なのなかな。

ちなみに

  1. 2010/03/23(火) 00:52:13 |
  2. URL |
  3. 名無しの権兵衛
  4. [ 編集 ]
私もそのどこかの首相は好きではないよ。
ただ、無責任と不合理は違うと思っているだけ。

今回の案を呑んだとして、一番喜ぶのは左翼の中の環境保護団体じゃないの。カメクジラネコ氏とかね。

交譲の精神で話し合うのなら、大変結構なことだと思うよ。

ふむふむ。

  1. 2010/03/23(火) 05:23:58 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
EU加盟国間の取引は「国際取引」ではないというやつですね。
たしかにこれはダブルスタンダードですね。

でもこれって否決の理由でしたっけ?

これは道義的におかしいというだけで、たしか否決の理由は中国が否決に回ったことや、「自国の産業を守るため」に否決に投票した国が多かったことが理由だったような気がするのですが。

しつこいようでが、今回の件クロマグロの資源が十分確保されていたら問題ないと思いますよ。
でも現在それが見えてこない。
もし本当にヤバい状況だったら、そんな目先のことを喜んでもいられない。
それが根本にあるんですよ。
にもかかわらず、現在の資源量が全く報道されないという「理不尽」が通っている。
それがおかしいというのはそんなに感情的なのでしょうかね。

さらに問題なのは漁獲枠を超えた数量で輸入している現状ですね。
本当は4割の漁獲の制限を打ち出した時点で同様に4割の輸入制限をしなければいけないのですが、現在密漁分の輸入を容認している状況で、輸入制限を積極的に行われるか疑問なのですよ。
輸入制限されなければ、漁獲制限は水の泡。
他国から買い取るだけで、自国の産業が縮小するのでは意味がない。
そういう意味で、漁獲制限ってのは輸入制限が行われなけは、漁業の現場にしわ寄せが来る単なるパフォーマンスに終わってしまう可能性すらあるんですよ。

……むしろ輸入制限を積極的にしたほうがいいかもね。

あれ?それってマスゴミさんと同じ姿勢じゃ?

  1. 2010/03/23(火) 13:41:31 |
  2. URL |
  3. 名無しの権兵衛
  4. [ 編集 ]
否決の理由の一つだよ
リビアが反対した理由も知らないの?

私が気に入らないのは、各国の対応策には言及をせず、日本の批判しかしていないこと。
それと、輸入に頼らざる得ない状況についても言及していないしね。

要は物事の一面しか見ていないんだよ。
「出羽の守」って馬鹿にされちゃうよ。

これ以上言っても不毛になるから、もう来ないし、コメントもしないことにするよ。
自分と違う意見を聞けたのは良い経験になったかな。
それでは。

「姿勢」・・・ですか。

  1. 2010/03/23(火) 21:40:04 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
否決の主な理由がダブルスタンダードでないと言うために、マスコミの話を引用しただけで「同じ姿勢」だといわれるとは思いませんでした。
リビアが反対した理由ってのは「モナコ案はでたらめだ」といったアレのことでしょうか。
何かにつけ「先進国が悪い」と言い、クロマグロについては資源を枯渇させる恐れのある「畜養」に手をそめつつある国を引き合いにだされてもねえ・・・。
でもまあ、「輸入に頼らざる得ない状況」ってのは興味ありますね。
無理にコメントしていただく必要はありませんが。

ちなみに今回の一件については検索してみたところ面白い記事を見つけましたので念のため。
あるいは私が面白いと思っているだけかも知れませんが、これもまた一つの意見として。

http://katukawa.com/2010/03/cites001.html

それでは。

ちなみに・・・

  1. 2010/03/27(土) 11:39:35 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
「出羽の守」とは、、、

「欧州では……」「共産圏では……」と他国の発言を引き合いに出して日本を批判することです。
私は一切そのような発言をしていませんよね?
そもそもロクにそのようなことを調べてもいないのだから。(苦笑)

更に言うと、
大西洋のクロマグロの話なのに「近海の漁獲規制」を持ち出したり、
「自分たちは要求するだけで、何もしない」と、さもEUが何もしていないかのように書いたり、
逆に「全く対応策をとっていない」リビアを引き合いに出したり、
していますね。
くだらない印象操作に加え、「知らないの?」と言いながら自分の都合のいいことだけまくし立てる。
斜め上の姿勢で似非説法し自分は反論に対して聞く耳持たない上に、ちゃんと反論してくる相手を「一面的」と決め付ける姿勢は不快なものがあります。

「欧州では……」や「共産圏では……」とは違うけど、「マスコミではこう言っていた」と他人の言葉を借りての批判しかできない時点で、あなたの方こそ「出羽の守」ではないのでしょうか。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.