1. 無料アクセス解析
  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際パズル会議に行ってきました。(その3)

  1. 2010/07/18(日) 07:07:46|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の小ネタあるいは雑談
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:2
新しい朝が来た。希望の朝だ。
……となるはずだったのですが、その日の朝はちょっと落ち込んでいました。
理由は簡単。
前日、コンペ会場にバックを置き忘れていたからなのです。
いくら疲れていて前後不覚で注意力散漫になっていたとはいえ、全くの不覚ですよ。
おかげで朝に携帯への充電ができず、午前中は会社との連絡も取れずじまい。
連絡は必要なほどの緊急事態がなかったのは不幸中の幸いでしたが。
それと、忘れていたカバンを一晩預かっていただいたスタッフの方々にも本当に申し訳なかったです。

では、いよいよ7/14の分です。


午前中は二宮氏の講演。
秘密箱の由来と歴史。師匠に当たる父や自身の足跡などについてユーモアを交えて楽しく聞かせていただきました。
特に肝心の秘密箱の名称の由来が不明なことや、自身の仕事を休み貴重な材料を使って5日間麻雀牌を作る辺りなど。
7/13に箱根町郷土資料館で見たのはその時作成した麻雀牌なのです。
本当にこう考えると個人の足跡というのはそれだけで歴史となり、価値あるものになるのだとしみじみ感じます。
これからも御健在でさらに様々な作品を生み出してほしいです。
その他は、加藤順一氏のからくり錠に関するお話、前場幸治氏の日本建築に関するお話もありました。
からくり錠に関しては、量産はできるにもかかわらず比較的合鍵が作りやすいというアジア錠の欠点から、操作そのものを分かりにくくするからくり錠が生まれたという過程が楽しかったです。
私が鬼平犯科帳が好きなのですが、あの時代の一人働きの盗賊は様々なからくり錠と格闘していたのかしらん。(笑)
このからくり錠に関しては、その午後のパズルパーティでも見ることができました。


さて、いよいよその午後の「パズルパーティ」です。
ここではさまざまな日本や外国のパズル作家さんたちのパズルに触ることができ、購入することができるのです。
これのみの参加者が多いため会場はかなりにぎやかになりましたが、混雑するということがなかったため一つ一つのブースをじっくり見て楽しく遊ぶことができました。
それでじっくり楽しんていたため、回るルートの関係で訪ねるの遅れて、すでに売り切れになったパズルがあったりするのはお約束。
交換品と作られたために本来一般にはお目にかかれない作品に、じかに触れることができるのは本当に嬉しいモノです。
買うことができないまでも、ブースに置いてある作品をパズル好き同士が集まって、わいわい騒ぎながら遊ぶってのもこれまた本当に楽しいモノです。
外国の作家さんたち(V.Krasnoukhov氏、Pavel氏)に直にお目にかかるのは初めて、Oskar氏はおられたはずなのですが分からなかったです。(顔を覚えるのが苦手なんです……)
以前他のパズる会などでお会いした方々に会うこともできましたし、パズルパーティにかかわらずこれからもこのような機会があればまた参加したいものだとつくづく思いましたね。
てなわけで、今回の戦利品のごく一部。

ipp30_senrihin_001

さすがに全てを見せるわけにはいきませんので。(苦笑)
これじゃ「全然わかない!」と怒らないでください。
でも会場で購入したパズルのいくつかはネット上で見かけられる物なので、ぼちぼち記事に書くかもしれません。
中央の「Lutch Cube (岡本勝彦 作)」はコンペのエントリーにも載っているので外観の掲載のみ。
ちなみにこいつ。
泣きたくなるほど難しいです。
一旦崩したはいいけど、元に戻せる目途が全く立っていません。発想の転換が必要なのかしらん。
予備にと2個買っておいてよかったわ、ホント。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


  1. 2010/07/18(日) 17:40:16 |
  2. URL |
  3. やりぃ
  4. [ 編集 ]
写真とあの英語の文だけじゃ全く理解できませんでした...

けど、あのパズル、とても面白そうですね。どんな構造かはどうなのか全く分かりませんが...

「の」の字さん、仕事って何してるんですか?

いつもいろんなとこに行ったりとしてるんで...

勝手な質問すいませんでした。

Re: タイトルなし

  1. 2010/07/18(日) 19:22:07 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
> 写真とあの英語の文だけじゃ全く理解できませんでした...

英和辞典or電子辞書or携帯電話を片手に頑張って読みましょう!
そうやって得たノウハウが将来の役に立つのです。


とまあ、この辺りが本音なのですが、とりあえず簡単なところ、
「矢印の方向にしか回転しません。
 白の矢印はは時計回り、黒の矢印は反時計回り。
 白と黒の矢印がある面は回転しません。」
こんなところでしょうか。

ちなみに別に仕事であちこちに行っているわけじゃないですよ。(笑)
今回は運よく勤続ン年ということで特別にまとまった休暇がもらえたというだけです。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。