1. 無料アクセス解析
  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震の状況(覚書)その2

  1. 2011/03/12(土) 07:13:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
一夜明け。
関東地区の騒動が収束してきた結果、東北地方の被害の現状が分かってきましたが。
逆にその被害の情報量の膨大さに、わけわからないという状態ですね。
大まかに分かっているだけでも、
相馬市の津波被害。
仙台の津波と火災。
石巻市の津波被害。
夜が明ければ全容が分かるのだろうけど、通信手段の不測、交通機関の断裂で被害状況の把握もままならないという状態。
ここまで被害が深刻でかつ広範囲だと人員投入も追いつかないでしょうね。
「できるかぎり」とか「現場レベルで」どうにかできる状態じゃでもないし。
しかも相次ぐ余震や甲信越など関係ない地区で起きる地震でさらにわけのわからない状態になっている。

とりあえず、事態収束を考えるならば情報収集の方を優先すべきなのですが……
こういうときに「上司」がホイホイ出歩いてどうするんだよ。


(以下追記 2011/03/13)


懸念が現実化するかもしれないので念のため↓


政府、後手の対応 首相視察が混乱拡大との見方も
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110312/dst11031223220294-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110312/dst11031223220294-n2.htm

 菅直人首相は12日夜、福島第1原発について「一人の住民も健康被害にならないよう全力で取り組む」と強調した。ただ、原発で爆発が起きたことで、政府の危機管理能力が問われることになった。「最悪の事態を想定」(枝野幸男官房長官)してきたはずなのに、退避指示の範囲を徐々に広げた。爆発の事実を発表したのも発生から2時間以上たってからで、官邸の混乱ぶりがうかがえた。

 しかも首相が12日朝現地を訪れ、1時間近く視察したことは現場の作業を遅らせる一因になったとの指摘もあり、責任を問われかねない。

 「国民の安全を第一に考えて対策を取ってきた。周辺住民が健康被害に陥らないよう全力を挙げたい」

 12日夜の会見で、首相は原発への対応をこう強調した。ただ、爆発とは言わず「新たな事態」と形容するにとどまった。

 首相は12日午後の与野党党首会談で原発に関し「危機的な状況にはならない」と強調していた。会談中に官邸側は「会談後、首相と官房長官の会見を行う」と発表した。爆発が起きたのは会談の最中だった。

 会談終了から1時間半以上たって単独で会見した枝野氏は首相が会見をいったんキャンセルした理由について「首相は、メディアを通じてメッセージを伝えるのは大変重要だと思っていたが、それ以上にこの事象(爆発)にしっかりと対応することが重要だとなった」と釈明した。

 12日朝、首相は原発視察に先立ち、記者団に「現地で責任者ときっちりと話をして、状況を把握したい。必要な判断は場合によっては現地で行うかもしれない」と意気込みを語った。

 政府関係者によると視察は首相が突然言いだした。枝野氏も12日未明の会見で「陣頭指揮を執らねばならないという強い思いが首相にあった」と説明した。

 しかし、現場はすでに放射性物質の一部放出をしなければならない事態に陥っていた。そこに首相がヘリコプターから降り立ったため、現場担当者も首相の対応に追われた。

 退避指示も当初「風向きなどを考えて」として3キロから始まり10キロ、20キロと範囲を広げた。枝野氏は「専門家が詳細な分析をしているので、周辺住民は落ち着いて対応してほしい」と言いながら、退避指示の拡大などのメディアへの情報提供が遅いことには「間違いのない情報を伝えないといけないから」と強弁した


日記を書いた時点で、
「これから何が起こるか分からないのに、対策の指示や承認をしなければいけない総理が本丸から離れてどうするんだ?」
と思っていたけれど、実際はそれよりもかなり深刻だったようですね。
つまり、
総理が移動中は原発では身動きが取れず、対策が1時間ほど遅れたと。
どうしようもない話です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


お久しぶりです

  1. 2011/03/12(土) 12:52:54 |
  2. URL |
  3. Kzy☆
  4. [ 編集 ]
地震の被害は大丈夫でしたでしょうか?
普段見るブログやサイトが更新されているとほっとします。

  1. 2011/03/12(土) 13:13:28 |
  2. URL |
  3. 第4のペロリンガ
  4. [ 編集 ]
「の」の字さんも無事そうで何よりです。

埼玉県でもけっこう揺れて、停電が夜の11時半まで続きました。現在でも余震や救急車のサイレン音が聞こえまだまだ危険だと不安になります。

今後もお互いに気を付けましょう。

  1. 2011/03/13(日) 07:02:43 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
実は地元が富山なので直接的な被害はありませんでした。
(流通、交通関係の被害はありますが、東北、関東方面から見ると微々たるものです)
無駄な心配をかけてすみません。
関東地方は事態が収束に向かっているようでホッとしていますが、その分一部死者が多数出ている東北地方の方がより心配になります。
多くの人が無事救出されるよう祈るばかりです。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。