1. 無料アクセス解析
  • 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮リボルテック レギオン フィギュアレビュー

  1. 2011/11/04(金) 22:19:58|
  2. フィギュア&プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
とうとう買ってきました、

「特撮リボルテック レギオン」!

待ちに待っていましたよ。
私的には最高の怪獣ですもの。
今更だけど、「ガメラ2 レギオン襲来」は絶対観て欲しいね。



怪獣の造形もですが、映画の構成もまた面白いですもの。
最初は宇宙から飛来した正体不明な生物という体裁を取りながら、やがて現れ人を襲い始める2~3メートルクラスの大型甲殻生物。(しかも一つ目がブキミ)
そしてそれに呼応するように現れる大型の異形の植物。
しかしそこにガメラが現れ無事大型植物の排除に成功するが、今度は無数に出現した甲殻生物の群れに襲われガメラは撤退を余儀なくされてしまう。
そして・・・





その次の瞬間、地中から現れた巨大レギオン!(成長途中)
このあたりの演出で引き込まれましたよ。
本当にうまい。
ちなみにその後飛行移動中に自衛隊に撃墜されたわけだけど、元々こいつは成長途中しか飛行できないとのこと。
つまり成長し終わった時点で羽は無用の長物と化すわけ。
(巣に居をかまえ繁殖をする女王アリは自身で移動能力を持たないのと同じことですね)
そして普通は飛行できなくなった時点で戦闘能力が弱体化しそうなものですが、
仙台に現れたときはその頑丈な外骨格と巨躯と強力な電磁兵器(マイクロ波シェル)でガメラを圧倒してしまう。
これで惚れなきゃ嘘ってものでしょ。(笑)


てなわけで、

「子供の頃は空を飛べたよ~♪(from キャプテンフューチャー)な怪獣、レギオンの特撮リボルテックのレビューをいってみます。


REVOLTECH_LEGION_001
まずは箱から、レギオンが真横に収納されている時点でどれだけ大きいか分かることでしょう。
しかもエイリアンクイーンの時と違い、ソルジャーレギオン7体に飛行形態のガメラがついているのでとってもお得な気分。

REVOLTECH_LEGION_002
箱から取り出しました。
レギオンの体は6本の脚からなる胴体部と、さまざま電磁兵器を駆使する頭部から構成されています。
ただ6本の脚は接地面積が狭いため、つるつるの床だと固定が難しいと思われます。
今回は滑り止めがきくカッティングマットの上に置くと安定します。

REVOLTECH_LEGION_003
真上から。
象牙色のグラデーションが素敵なのもそうですが、脚の周辺のかざりもハナカマキリみたいで素敵です。
そしてこうしてみるとわかりますが、3対の脚のうち真ん中が異様に長いです。
劇中の仙台戦でいきなりガメラを地上にたたき落としたのもこの脚なのでしょうが、どういう風な体勢でやったのだろうか?

REVOLTECH_LEGION_004
劇中では頭部が強調されているため気付かなかったのですが、こうやって胴体部を含めてみると意外とスマートな感じに見えます。
そして3対の脚のうち前後の脚さえ固定すれば真ん中の脚がなくても安定します。
おそらくは真ん中の脚はその大きさにもかかわらず、歩行時は補助的な役割をしているだけなのかも知れません。
(尻尾みたいなものですね)

REVOLTECH_LEGION_005
マイクロ波シェル発射態勢

REVOLTECH_LEGION_006
写りが悪いの別角度から。
目も顔面中央のコアもクリアパーツからなっているのですが、角度が悪いと綺麗に写りません。

REVOLTECH_LEGION_007
接近戦モード。
真ん中の脚を真横から突き出しています。
地面に映るシルエットがさながら「死神の鎌」のようです。

REVOLTECH_LEGION_008
ガメラと対面の図。
イメージとすれば開戦プラズマ火球3連発を防ぎきったところか。

REVOLTECH_LEGION_009
REVOLTECH_LEGION_010
最後は背面から。
こうしてみると頭部の「蟹の甲羅」を含め、本当に様々な甲殻類のイメージがコラボされているのが分かります。

REVOLTECH_LEGION_011
ということで、「特撮リボルテック レギオン」のレビューでした。

さて。

困ったことに、あまりにも形状が複雑なので、

元々どのように箱に収まっていたのか分からなくなってしまいました。

どうしましょうか。(笑)






(追記)
ガメラ医師のBlogでリンクを貼っていただいたようなのでリンクします。
http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/272f1df64c7d2fd7f94ad2b6259244c2
このブログでは同様にガメラ関係の記事を多数リンクされているようなので、そちらも参照してください。
特に撮影技術はウチのとこはごにょごにょですから……。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フィギュア - ジャンル:趣味・実用


  1. 2011/11/04(金) 23:09:13 |
  2. URL |
  3. 名無し
  4. [ 編集 ]
おれも買ったかっこいい

  1. 2011/11/05(土) 00:37:33 |
  2. URL |
  3. フラフラジール
  4. [ 編集 ]
レギオン、攻撃能力がひたすら圧倒的でしたねー。
地中から出てきた時の演出やマイクロ波シェルの威力等、度肝を抜かれた記憶が。

角を折られた後も怒りの形相でレギオンビュートを放ったりと恐ろしい敵でした。

Re: タイトルなし

  1. 2011/11/05(土) 07:39:59 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
>名無しさん
>フラフラジールさん

レギオンはかっこいいです。
あの作品に関してはレギオンの設定と演出が全面にでていますから。
攻撃エフェクトがあればもっといいのですが、マイクロ波シェルは難しいかな~。
赤鞭あたりは再現できそうな気はするのですが、誰かジオラマでやってくれないかな。


  1. 2011/11/05(土) 19:30:23 |
  2. URL |
  3. うちわ
  4. [ 編集 ]
かっちょええーですなー・・・

ちょっと高いので、買うかどうか迷ってましたが、このレビュー見て買うことに決めました。

ちょっくらamazonに行ってきます。

迷うことはありません(笑)

  1. 2011/11/05(土) 21:16:35 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
ぜひ買いましょう!
そして存分に愛でてください!


 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。