1. 無料アクセス解析
  • 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興は進んでいるのか? (覚書)

  1. 2012/06/15(金) 00:38:55|
  2. 時事ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
今さらだけれど、震災があってこの方過敏すぎるほどの震災報道関係を見るたびに疑問に思うことが2つほど。

1つ目
地震や津波に対する対策は必要だろうが、その対策としての訓練を頻繁に行うのはどうだろうかということ。

2つ目
地元の復興をアピールするために、対外的なお祭り騒ぎに福島の人を駆り出すという行為。


今現在は最優先して行うべきは地元の復興。
そのための活動をおろそかにしてのただのパフォーマンスなど必要ない。
復興に着手できない無能さを隠すための茶番など必要ない。
このような馬鹿なことを延々と報道できるアホどもにもうんざりさせられる。
しかも問題は復興のために必要な労働力をそちらに投入し、その結果地元民に負担をかけているということ。
そのことに罪悪感すら覚えない時点で狂っているとしか言いようがない。

関西大震災のときをよく思い出してほしい。

あのころはこれほどしつこく震災の報道をしただろうか。
いつの間にか報道が沈静化し、しかいその間も粛々と復興は進んでいた。
復興をアピールすることもせず、ただただ復興することに全力を注ぎこむことで神戸は復興したのだ。

今はただ福島をそっとして、復興に力を注げるよう助力すべきでないか。
今のままやたらとお祭り騒ぎをすることは福島を人的に疲弊させることになるのではないかと心底心配してしまうのだ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:日記



 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。