1. 無料アクセス解析
  • 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは意外に遊べるかも? (ルービックキューブロックス (Rubik's Cublocks))

  1. 2012/11/03(土) 21:17:05|
  2. パズル(総合)
  3. 回転系パズル
  4. | トラックバック:1
  5. | コメント:4
RubiksCUBLOCK_001

楽しみにしていたキューブパズルがやってまいりました。

単体では分厚いパネルが貼り付けてるただのルービックキューブ。
しかしてその実態は、
付属のパネルを張り付けることによってパズル性が上がるキューブパズルなのです。

RubiksCUBLOCK_002




RubiksCUBLOCK_003

そして前の写真から崩したところ。
当然のことながら、パネルでつながったキューブは一体化していて回転できなくなり、制限を受ける分難易度が上がります。
このタイプのキューブパズル「Bandaged」は様々なタイプで存在しますが、こういうものが手軽に複数パージョンで遊べるというのがとてもうれしいですね。
パネルの種類は、2x2、1x3、1x2と限定されていますが、それでも十分楽しめます。
本体の方も見た目と違い、普通のルービックキューブのように回転でき、いつでもパネルの着脱が可能です。

ともあれ、
スピードキューブにあまり興味がなく、さりとて単に解くだけを目的として似たような3x3x3のキューブパズルを買いたくないという人にはいいかもしれません。
このテの解くのがしんどいだけのパズルって1回解いてしまうと、2回目以上解くのが面倒になってそのまま埋もれてしまいますので。(苦笑)

まあ、唯一の不満点は、
RubiksCUBLOCK_004
なんで色の配置が海外配色なのかということ位ですか。


(2012.11.04 追記)
ネタ的な記事を発見(→ロック機能付きレゴ・ルービック・キューブ
レゴの突起部分で制限を加えようという発想などはわかっているなあと思いましたね。
あとは遊びやすさが問題でしょうか。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


なんで色の配置が海外配色なのか

  1. 2012/11/13(火) 18:08:09 |
  2. URL |
  3. 通りすがり
  4. [ 編集 ]
Rubik's CUBE 公式サイトの特集ページより。
>2012年10月発売の「ルービックキューブロックス」以降の新商品については
>「世界基準配色」となります。
同じく公式サイトの「6面完成攻略書」(ツクダ式)も「世界基準配色」になっています。

まあメガハウスのことだからツッコミどころは満載で。
・従来の製品は32年の伝統を引きずって日本配色のままなのか?
・「海外配色」「国際配色」ではなく「世界基準配色」ということは、「うちも基準に合わせたぜ!!」というアピールなのか?
もしかしたら、ノーマルの3x3キューブもそのうち「世界基準配色」になるのかもしれませんね(怖)

突然の投稿すみませんでした。

Re: なんで色の配置が海外配色なのか

  1. 2012/11/13(火) 19:59:20 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
いえいえ、ありがとうございました。
大変参考になりました。
確かに今のところキューブロックスだけなのですが、他のシリーズも変わってきたらみんな驚くでしょね。

Re2: なんで色の配置が海外配色なのか

  1. 2013/03/04(月) 14:39:23 |
  2. URL |
  3. 通りすがり
  4. [ 編集 ]
>ノーマルの3x3キューブもそのうち「世界基準配色」になるのかもしれませんね(怖)
>他のシリーズも変わってきたらみんな驚くでしょね。

2x2と3x3のver2.0版がメガハウスから発売されたようです。
セールスポイントが
1.シールじゃない! パーツ自体に色がついているため、はがれる心配もありません!
2.内部構造が進化! (写真によればリベンジみたいなセンターコア式に。)
3.コンパクトに! (2x2の大きさが3x3と同じ57mmから46mmに。3x3は不変。)
となっていましたが、
本当に宣伝すべきは「世界基準配色」ではないのか?
と思わずつっこんでしまうくらいの商品でした。

Dayanくらい回しやすいなら使っても良いかなと思うのですが、
¥は相変わらずですね。。。

コメントありがとうございます。(Re: Re2: なんで色の配置が海外配色なのか)

  1. 2013/03/05(火) 20:34:55 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
ver 2.0は興味がありますが、どうやら回しやすいほどではないらしいですね。
Dayanが回しやすすぎるのか。
とりあえず実物を見てからと考えています。

> Dayanくらい回しやすいなら使っても良いかなと思うのですが、
> ¥は相変わらずですね。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

まとめ【これは意外に遊べるか】

  1. 2012/11/04(日) 12:12:25 |
  2. まっとめBLOG速報
楽しみにしていたキューブパズルがやってまいりました。単体では分厚いパネルが貼り付けてるただのルービ


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。