1. 無料アクセス解析
  • 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずの覚書

  1. 2013/03/18(月) 00:52:20|
  2. 時事ネタ
twitterで自分がつぶやいた文章をまとめただけ。




そもそも日本人には人種差別なんてものは存在しない。だって朝鮮人が日本人より劣っているなんて教わっていないし、そういうことを公然と発言する環境も存在しないし、不当に攻撃されて黙っているほど朝鮮人は大人しくない。あくまで日本人が朝鮮人に抱くのは敵意である。

「差別」と「敵意」。これを行為で切り分けるならば「いじめ」と「喧嘩」と考えられる。喧嘩は攻撃する側される側が交互に交代するが、いじめでは攻撃する側とされる側の立場が常態化し周囲から黙認され永続状態に陥る。差別を叫んでは不当な要求を突き付け暴れまわる朝鮮人がいじめをされる側に見えるだろうか?

つまり、朝鮮人は差別と叫んで相手の思考が硬直しているところを攻撃しているにすぎない。しかし、このいじめの構図に最近ほころびが生じ始めている。攻撃される日本人は不当な攻撃に疑問を感じ、攻撃する側であった朝鮮人はその変化に恐怖を感じ始めている。それが今の現状。

差別というものは差別される側がひっくり返さないと是正されない。
不当に利益を得ることに慣れた人間は、それがいかに不当なモノであってもその利益を失うことに全力で抵抗するものなのだから。

関連記事
スポンサーサイト


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。