FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
  • 2019_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2019_12

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

自分的には「鱗」ってイメージだね。(キャストパズル ツイスト(CastPuzzle TWIST))

  1. 2013/10/28(月) 22:55:53|
  2. パズル(総合)
  3. キャストパズル
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
Cast_TWIST_001

見た目同形っぽい2つのピースを外すキャストパズル。
作者は Oskar Van Deventer 。この系統(「H&H」「キーリング」)のパズルではすっかりおなじみになっています。
慣れぬうちは戸惑い、慣れれば解け、それでも道筋はわからない。
無駄に情報量が多い「H&H」ほどイジワルというイメージはないですが。

Cast_TWIST_002

見た目すぐ外れそうだけど、互いの溝にそって動かさなければいけない。
その動作はにっちもさっちも動かなくなった結び目を外すがごとく。
一般的には「搦める」よりは「絡める」の用法が多いのだけれど、掌の上で外すこともできず弱ってしまうという風情は「搦める」の方が似合っている。

Cast_TWIST_003

ただ個人的にはこの造形は「鱗」と取りたいですね。
逆鱗に触れることなく二匹の龍を外すというイメージ。
基本的に外すのは難しいですが、戻すのは意外に楽な感じ。
でも戻して安心してもやはり外すのは難しい。難しすぎるほどではないですが。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用



 管理者にだけ表示を許可する
 



.