1. 無料アクセス解析
  • 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノスタル爺 (グレッグ・ブライトの迷路)

  1. 2013/11/20(水) 20:58:46|
  2. パズル(総合)
  3. 移動パズル
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
↑ただの当て字。
「爺」と言えるほど歳も経験も重ねているわけでは決してない。

数日前のファイブレインを観て、ふと買いたくなった本をネットで購入。
こういうものを何気に買えるのがとてもありがたい。
しかし不幸なことに「穴あき迷路の本」はかなり高価になっていた。
仕方のない話だが、既読だったし今回はあきらめることに。

GREG_BRIGHTs_MAZE_001

当時としては珍しい「行き止まりのない迷路」の本。
ここにはないが「穴あき迷路の本」に至っては、10ページ以上の巨大迷路で本の大半をつぶしている非常識な作品。今考えるになくしたのは本当に惜しい。

当時、3ミリ方眼のノートを買ってきていろいろ迷路を書いたのも覚えている。
もちろんそういう奇特なことをする人が周囲にいなかったため、ほどなくやる気をなくしたのだけど。
その頃の「退屈さ」が今の暴走ぶりを支えているのかもしれない。(苦笑)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用



 管理者にだけ表示を許可する
 



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。