FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
  • 2019_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2019_12

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

このままでは宝の持ち腐れか? (HAPPINESS CUBE)

  1. 2007/08/16(木) 23:54:00|
  2. パズル(総合)
  3. パズル関係の本
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:0
今更なのですが、私の場合組木系のパズルをダイ○ーで買ったことがありません。
というのも、他のブログとかで読む限りダイ○ーのパズルってのは精度で大きな問題があるという印象があるのです。

もちろんまともなものもあるでしょうが。
でも、パクリの問題もあったり、中にはオリジナルの作り手の意図を全く無視した劣悪品まであるというので原則として相手にしたくないってのが本音なんですよ。
これが構造が分りやすく真贋が判別しやすい針金の知恵の輪ならまだしも、それ以外となると……ね。
特に『とんでもないところから抜けるキャストフィン』の話を聞いたときは心底殺意を覚えましたね。金目当てだっていうのは承知していても、物まねすら出来ないような連中に作者の創意までもが踏みにじられるってのはかなり頭にくるものです。

さて、かなり前↓の本を衝動買いしてしまったのですが、
いまだに自作をしていません。
というか、からくり小箱やその他の組木の神がかった出来を目のあたりにするとどうにも。
積み木みたいなものになるからそれほど肩肘張らなくてもいいのかもしれないんだけどね。

happinesscube_001




(余談)
最近になって、ようやく著者が Cube バロン氏であることを知りました。
氏の作品が公開されているサイト(ハピネスキューブの世界


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用



 管理者にだけ表示を許可する
 



.