FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
  • 2019_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2020_01

感想記

パズル、ゲーム(最近は電源不要系)、アニメ、ごくまれに思い出したように特撮、その他のもろもろの感想をつらつらと書いています。

錯視本

  1. 2008/04/26(土) 13:22:49|
  2. パズル(総合)
  3. その他のパズル
  4. | トラックバック:0
  5. | コメント:5
地元のイベントで錯視のコーナーがあったので行ってきました。
TrickEyes_001

↑はそこで買ってきた錯視本。

ご満悦で読んでいたのですが、しばらく眺めていると目がぐりぐりして気持ち悪くなりました。(笑)



2008/04/26 追記
今更だけど、この種の売り文句である「脳の活性化」ってのはちょっと眉唾モノだよなあ。
「錯視」ってのはどう見てもただの生理学上心理学上のトリックでしかないわけだし、単に不思議だなあと思って「ただ眺めている」だけで活性化もなにもないような気がするんだけどね。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:パズル - ジャンル:趣味・実用


面白そうですね!

  1. 2008/04/26(土) 20:03:14 |
  2. URL |
  3. おぼろたまご
  4. [ 編集 ]
錯視っていうか、一時期3Dをよくみてました。
遠くを見る目線で絵を眺めていたら、何か浮き上がってくるのが面白くて何回も何回もやってたらかえって目が悪くなりました。過ぎたるはなお、及ばざるが如しってことで。

錯視・・・錯覚を利用した絵で、めちゃくちゃ面白いのはエッシャーです。
興味があったらご覧ください。
では。

錯視

  1. 2008/04/26(土) 22:44:08 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
>おぼろたまごさん

こんばんは~。

エッシャーは騙し絵で有名ですが、どうやら錯視とはちょっと違うようです。
騙し絵のほうは通常ありえない絵柄を描くものですが、錯視の方は一見幾何学上の絵柄でちょっとした線や色の濃淡などで形状を錯覚させる絵のことですね。

「錯視」の方はかなり科学的だけど、理屈が分からないとあまり面白くないという印象でした。

似て非なるもの?

  1. 2008/04/27(日) 21:35:42 |
  2. URL |
  3. おぼろたまご
  4. [ 編集 ]
ん~・・・そういえば、自動車学校に通ってたときにトリックアイズと似たような絵のコピーを見たような気がします。
理屈がわからないと面白くないのか・・・。

というか、「どうして騙されているのかわからない」から面白くないということ。

  1. 2008/04/27(日) 21:52:21 |
  2. URL |
  3. 「の」の字
  4. [ 編集 ]
騙し絵は見たまんま、どこが「おかしい」か「面白いのか」そのまま分かるしその騙し自体も楽しみの対称なんだけれども、
一方錯視のほうは、「動きが変」「歪んでいる」「色が変」が見てわかってもその理屈がかなり科学的で無味乾燥って感じたってコトですよね。
つまり一見して「おおっ!?」って驚きがあっても、「何故?」ってレベルになると錯視の方はあまり楽しめないと思ったのですよ。
このあたりは人それぞれなんですけどね。

そうでしたか

  1. 2008/04/28(月) 22:18:44 |
  2. URL |
  3. おぼろたまご
  4. [ 編集 ]
やっぱり楽しむなら理屈抜きに楽しみたいですね。
錯視と騙し絵を並べてみたら騙し絵が好きです。ハイ。

 管理者にだけ表示を許可する
 



.